防水工事

■ 適材適所の防水工事で雨水や生活排水をシャットアウト

ご自宅のベランダやバルコニーの床に、ひび割れが生じていたり、カビが生えていたりしませんか?
また、サッシやドアの隙間から雨漏りしている、なんてことはありませんか?

防水が必要なのは、外壁や屋根ばかりではありません。
普段から雨風にさらされるベランダや屋上、サッシまわりなども、外壁や屋根と同様に雨漏りが発生しやすい部分。
施工箇所に合わせた適材適所の対策が、お住まいの寿命を伸ばす大切なカギとなっています。

当社ではFRP防水やシート防水、ウレタン塗膜防水など、様々な防水工法に対応可能。
ご要望に合わせて最適な防水工事をご提案しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


● こんなところに必要!防水工事

◎ 一般住宅
・陸屋根
・外壁
・サッシまわり
・ベランダ・バルコニー      など

◎ビル・マンション
・陸屋根・屋上
・外壁・タイル
・共用廊下
・サッシまわり
・バルコニー       など


● 防水工事の種類

・ウレタン塗膜防水
特殊な塗料を塗ることで防水膜を作る、比較的お手軽な工事法です。複雑な場所にも簡単に施工でき、様々な場所で使用されています。

・シート防水
ゴムや塩化ビニールで出来たシートを下地に貼り付けます。工事期間も短く、既存の防水層の形状に関わらず、上からかぶせることができるため、コストが抑えられます。

・FRP防水
FRPとは「補強プラスチック」のこと。軽量かつ強度、耐水性に優れており、コストは高めですが確かな防水層が確立できます。

・外壁防水
マンションなどで外壁の劣化が激しい場合や、定期的な塗り替えが難しい場合、RC造や鉄骨造で外壁塗装面からの雨漏りが発生している場合は、外壁塗装よりも外壁防水がおすすめです。
外壁防水は一般的な外壁塗装とは塗膜の厚さが全く違っており、長期間外壁を保護することが可能です。

・シーリング工事
サッシやドアの隙間からの雨漏りは、隙間を埋めるのに使われている“シーリング材”の経年劣化によるものがほとんどです。今ある古いシーリングを撤去し、新しいシーリング材に打ち替えます。

実績盛りだくさん!塗装工事の実績をブログでチェック≫


一覧に戻る

▲TOPへ